甲状腺の病気とは

甲状腺の病気を知ろう

甲状腺の病気について 

甲状腺の病気は、甲状腺ホルモンが異常にたくさん分泌されることでさまざまな症状をもたらします。汗をかきやすくなり冬でも大量の汗がでます。またちょっと動いただけで激しい動悸がすることが多く心臓疾患と間違えられるほどです。特有の症状として眼球突出、甲状腺の肥大などがあげられます。一方反対の甲状腺の病気として、甲状腺ホルモンの分泌がすくなくなりさまざまな症状が現れます。皮膚が乾燥し寒がりになります。疲れやすく、言葉がもつれやすく頭の回転が鈍くなってしまいます。

平均寿命と健康の情報

© Copyright 日本の健康と平均寿命. All rights reserved.