歯周病を予防するには

歯周病を予防するためには

歯周病の状態と予防について 

歯周病とは、歯と歯茎のすきまから侵入した細菌が、歯肉に炎症を起こし、歯の周りの骨が溶けて、揺れたり、腫れたり、出血などの症状が病気のことをさします。痛みが出ないことが多く、気づかないうちにかなり進行して、最終的には歯が抜けてしまうケースも多々あります。歯周病を防ぐためには、原因となるぷラークを定期的に取ること、口腔内環境を整えて、日頃からしっかりとメンテナンスを行うことが大切です。進行を防ぐために、少しでも気になる口腔内の症状があれば、専門である歯科医師に相談して、治療・予防することをお勧めします。

最近の歯科はここまで綺麗です。 

歯科はとても身近なイメージがありますが、最近よくみかけるのが殺菌されたスリッパです。ボタンひとつで綺麗に殺菌されたスリッパが出てくる機械を設置してあるところがあり、いつも清潔に保たれたものをはくことが出来ます。洗面台にも、手洗い洗剤や消毒用アルコールだけではなく、うがい薬と使い捨ての紙コップを常備し、自由に使うことができるところもあります。治院内感染を防ぐことはもちろん、患者自身が気持ちよくすごすことが出来るよう、「おもてなしの心」が垣間見える歯科が増えてきています。

平均寿命と健康の情報

© Copyright 日本の健康と平均寿命. All rights reserved.