抗がんに効果的なもの

話題の抗がん作用の植物

近年の抗がん剤事情とは 

国民の半数が、人生のうちに一度はがんになるといわれています。抗がん剤はがん患者の治療法として大きな役割を担っており、身近なものになってきました。今でも新しい薬が次々と開発されて、以前に比べ副作用が抑えられ、治療効果が増強してきました。がんの部位や種類よって使用される抗がん剤の組み合わせは違っており、副作用を抑えながら投与する方法が確立されています。治療の初期段階では入院しなければなりませんが、内服薬や外来でも点滴を受けることができます。最近は、仕事と治療を両立することが当たり前になってきています。

選択肢が増えつつあるがん治療 

がん治療に対する治療方法はここ数年で徐々に進歩しています。例えば肺がんであれば早期発見であれば外科手術、進行がんであれば放射線治療や抗悪性腫瘍剤(いわゆる抗がん剤)といったものが挙げられます。最近では分子標的薬という新しい種類の医薬品も出ており、がんの種類や進行の度合いに応じて治療方法が変わってきます。がん治療はここに挙げた以外にも、先進医療など特殊なものもあります。まずは主治医とよく相談し、治療方法を洗い出した上で最良の選択を選び取ることが重要です。

平均寿命と健康の情報

© Copyright 日本の健康と平均寿命. All rights reserved.